文山ロゴ

昭和28年に創業した有田焼の窯元です。
田園風景を見下ろす小高い丘にある工場には有田焼で唯一の「トンネル窯」があり、400年の有田焼の歴史に残る「蛍手(ほたるで)」「手捻り(てびねり)」「プラチナ牡丹」というロングセラー商品を生み出しました。この技術を次世代に引き継ぐとともに、日常生活を上質なものにする「こだわり」のある焼き物を作って参ります。

人物
イメージ1
×
イメージ2
×
イメージ3
×
イメージ4
×
イメージ5
×
イメージ6
×
イメージ5
×
イメージ6
×
イメージ5
×
イメージ6
×
イメージ5
×
イメージ6
×

HISTORY
沿革

昭和22年 中島敬司(初代)、有田町白川の地にて窯を開く
昭和28年 中島政司(二代)、窯を会社組織とし代表に就任
昭和40年~ 「蛍手」を開発・生産(平成15年生産中止)
昭和42年 窯元10社共同で有田焼工業協同組合を設立、山内町に移転
有田焼初のトンネル窯を導入
昭和55年~ 「手捻り」を開発・生産
昭和61年 中島政司 藍綬褒章授章
平成6年 自社生地工場を山内町 狩立に増設
平成8年~ 「プラチナ牡丹」を開発・生産
平成10年 中島正敏(三代)、代表に就任
平成28年 自社ブランド「ceramic mimic fabric」を開発・生産